かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 31日

荒加工+荒加工

連日連夜色々と切削し続けた結果、とりあえずエンドミルを2本ほど折りました。

何故折れるのかって考えてみれば話は簡単。c0054494_1254038.jpg

3mmのエンドミルで荒加工すれば、そのエンドミルが届かないところには削り残しができます。図の赤いところ。
さて、多くの場合には削り残しは問題になりませんが、削り残しの高さがそれなりにあった場合(図中央の赤)には仕上げに使う1mmエンドミルを深く突っ込んで横移動!開始すると刃が着いていない上部分が削りきれなくてひっかかり、ポキン!となるわけです。

なのでこうする。
c0054494_121832.jpg

やってる事は至極単純。3mmボールエンドミルが入らなくて手つかずのまま残ってしまう部位について、1mmエンドミルで追加で荒加工しているだけです。矢印で示した矩形に精細になっているところ。

CAMソフトで部分指定していますが、上の方、3mmエンドミルで既に削ってしまっている部分を空走させる時間がばからしいので、NCコードの不要部分を飛ばして実行させます。切削を開始させたい高さをチェックして、-3.28mmから開始させたいなら「Z-3.2」あたりで検索してその辺の行から切削スタート。

折る前に気付けよってくらいすごく当たり前の事なんですが、これでポキンする回数は減りそうです。
[PR]

by kani_er | 2011-10-31 12:18 | mini-CNC BLACK IIで模型


<< とりあえずの成果      半面ワックス、半面レジン >>