かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 10日

エゴイスト足首まわり

c0054494_23351974.jpg

キットのスネを切断した部分にポリキャップを仕込んでおくと塗装や最終的な角度調整がやりやすくなるでしょう。2mmのポリキャップなら軸を落とせばすんなり収まりますので、瞬着などを詰めて固定すると良いでしょう。リング状のパーツの中央部に直径2mmの凹みを作ってありますので、ピンバイスで少しだけ深さをかせげばを軸を取り付けられます。

c0054494_23352269.jpg
こちらは電飾のため、かなり強引に3mmアルミパイプを軸にしています。3mmのポリキャップを納める場合にはかなり削り込まないといけませんので、一般的な製作であれば2mmが良いかと思います。

c0054494_23352530.jpg
足首の設置角度は爪先の接続角度によってほぼ決定されますので、先に足首本体とヒールを接着しておく方が作業がスムーズです。また、接着後に「ヒールが浮いちゃった…」という事態が避けやすくなります。ヒールについてはそもそも調整可能な角度範囲が狭いので割といい加減に取り付けても問題ありませんが、ABS棒などを軸にして若干左右に可動出来る様にしておくと爪先の接着時に調整しやすくなって少しだけ便利かもしれません。

c0054494_23352951.jpg
ドル背甲と爪先の接続例。先に両足の爪先をドルドレイに配置、ピンで仮固定してから「組み立てが済んだ腰から足首、ヒールまで」を足首に接着するとポーズが決めやすいでしょう。
[PR]

by kani_er | 2011-02-10 23:55 | 5.66壁紙版フェイKn改造パーツ


<< HD      カフスボタン、金具のパーツについて >>