かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 09日

Macで3DCG

ここしばらくやっている作業はCheetah 3Dで行っております。
3DCGをMacOSを使ってやる、キチガイのやる事!なんですけどね。

ポリゴンをゴニョゴニョしようと思い立った当初はMetasequoiaでやろうかと思ったんですが、windowsを起動しなきゃいけないのと、STL形式の読み書きの不自由のため方針転換。何よりポリゴン数が死ぬほど多いとうまく動作しない気がする。実はできるのかもしれないが!

Blenderも試してみましたが、独特の操作系によりあえなく撃沈。

MacOS上で動作し、かつ使いにくくなく、安価なソフトウェアという事で行き着いたのがCheetah 3D。体験版をいじり始めた時点で何かがやりにくくて困らないというのは重要だ。STLも普通に読み書きできるしね。

だが、STLファイルのエラーを確認するソフトはwindows用だという矛盾!
めんどくせえー。
結局再起動を繰り返す事になっているのでSSDに換えておいて良かった。


作業してて困ったのが操作系。普段はトラックボールなんですが、カチカチカチカチやってるとボタンを押してる親指が痛くなってくる。クリック数大杉。かといってトラックパッドはつらい。タブレットは操作が遅い。
結局マウスを買いました。アップルのMagic mouse。
・でかいマウスは嫌い
・小さいマウスは小指がつる
のでかなり長い事マウスは避けていたんですが、アップルの新型クソマウスは実に手に馴染む。こいつは俺様に出会うために生まれてきたのよのう!って感じ。
気に入った。俺はマウスユーザに戻るぞー。

ああ、タッチ操作とかはどうでもいいです。可もなく、不可もなく。
ただ平たくて左右の辺が極めて平行に近い形状が気に入っただけ。
[PR]

by kani_er | 2010-02-09 17:07


<< 備忘      第二弾 >>