かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 18日

ホットボンドによるワークの固定

c0054494_16462216.png

最近、ワックスブロックの固定はホットボンドを使用しています。
両面テープは粘着力が弱ければ切削中に剥がれ、強いものだと薄い切削物をはがす時に破壊してしまう事があります。 いずれはワークプレートにねじ切りなどして固定しやすくしたいと考えていましたが、ちょっと試してみたホットボンド固定が非常に便利。 1カ所の強度はそれ程のものではないので剥がしやすく、複数箇所を固定する事でずれにくくなります。

基本的にプレート状のワックスブロックの外周部を4-12カ所点止めしています。 イメージ的には隅肉溶接。 4mmエンドミルでガリゴリやっても剥がれた事はないので強度は充分にありそうです。

剥がす時は丈夫なピンセットで一カ所ずつ剥がせば切削物に負担をかける事なく容易に剥がせます。 

面出しも楽になります。 再利用ワックスで収縮のためにまったく平面が出ていない場合でも下面4隅にホットボンドを多めに盛って押し付ければOK。 底面全体が支えられていないので振動する場合もありますが、とりあえず基準面を出すには充分でしょう。

注意点としては、加熱しすぎた場合にワックスに融着してしまう事があります。 電源を入れっぱなしで放置でもしない限りは大丈夫かと思いますが、いちおう要注意。
[PR]

by kani_er | 2012-01-18 17:02 | mini-CNC BLACK IIで模型
2012年 01月 18日

MeshCAMでダレるエッジ

MeshCAMで作ったパスで切削してると、特に切り立った面の上端で形成されるエッジがダレている事があって再現度が下がるので困っていたのですが、とりあえず解決。
c0054494_16201367.png

meshcamで書き出したncコードをテキストエディタで開くとファイルのはじめの方でG64が指定してあるので、これをG61に書き換えます。
G64 =Constant Velocity Mode
G61 =Exact Stop Mode

G64をG61に換えることで、よりオリジナルのデータに忠実な形状が削りだされます。 切削物がポリポリすると嫌な場合はG64で補間する感じで削りだす方がいいのかもしれませんが、モケイのために削りだしている以上はポリポリしてなきゃだめです。
[PR]

by kani_er | 2012-01-18 16:31 | mini-CNC BLACK IIで模型
2012年 01月 18日

1/100C.I.S.突入艇進捗

時間が細切れになっているけれどちまちま進行中。

テストショットは無事に組めました。
複製は型1が120%、型2が50%、型3が60%。
説明書はほぼ完成。
あとはパッケージング関係と展示品、提出用の写真かな。
c0054494_13484586.png


塗装するためのまとまった時間が取りにくいのをどうしたものか。
[PR]

by kani_er | 2012-01-18 13:52 | もけい