かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

小形顕微鏡ケースの組み立て説明

先日のAK-GARDEN4にて販売した小形顕微鏡ケースの組み立て説明です。

箱形なので基本的にパーツを組み合わせていくだけですが、3点の注意点があります。
・天面、底面に1mmの孔を開ける(貫通しない程度に)
 パーツに凹みが設けてありますので、開孔時のガイドにして下さい。
・扉部分にインサート成形されている真鍮線を孔の深さに合わせて切断して下さい。
・後面パーツ(凹の字型のガイドがあります)のガイドの一部を削って下さい。
 そのまま組み立てると接眼レンズケースと干渉します。
c0054494_10475623.jpg


完成イメージは下図の様になります。
このクラスの顕微鏡ケースでは箱部分が木のニス塗り、把手と接眼レンズケースが樹脂、金具類が金属だと思われますので、それを想定して塗装して頂くと良いかと思います。
c0054494_10481679.jpg
[PR]

by kani_er | 2013-06-18 10:58 | もけい


<< WF2013Sよてい      VE-11 >>