かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 18日

ホットボンドによるワークの固定

c0054494_16462216.png

最近、ワックスブロックの固定はホットボンドを使用しています。
両面テープは粘着力が弱ければ切削中に剥がれ、強いものだと薄い切削物をはがす時に破壊してしまう事があります。 いずれはワークプレートにねじ切りなどして固定しやすくしたいと考えていましたが、ちょっと試してみたホットボンド固定が非常に便利。 1カ所の強度はそれ程のものではないので剥がしやすく、複数箇所を固定する事でずれにくくなります。

基本的にプレート状のワックスブロックの外周部を4-12カ所点止めしています。 イメージ的には隅肉溶接。 4mmエンドミルでガリゴリやっても剥がれた事はないので強度は充分にありそうです。

剥がす時は丈夫なピンセットで一カ所ずつ剥がせば切削物に負担をかける事なく容易に剥がせます。 

面出しも楽になります。 再利用ワックスで収縮のためにまったく平面が出ていない場合でも下面4隅にホットボンドを多めに盛って押し付ければOK。 底面全体が支えられていないので振動する場合もありますが、とりあえず基準面を出すには充分でしょう。

注意点としては、加熱しすぎた場合にワックスに融着してしまう事があります。 電源を入れっぱなしで放置でもしない限りは大丈夫かと思いますが、いちおう要注意。
[PR]

by kani_er | 2012-01-18 17:02 | mini-CNC BLACK IIで模型


<< ワンダーフェスティバル2012W      MeshCAMでダレるエッジ >>