かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 18日

MeshCAMでダレるエッジ

MeshCAMで作ったパスで切削してると、特に切り立った面の上端で形成されるエッジがダレている事があって再現度が下がるので困っていたのですが、とりあえず解決。
c0054494_16201367.png

meshcamで書き出したncコードをテキストエディタで開くとファイルのはじめの方でG64が指定してあるので、これをG61に書き換えます。
G64 =Constant Velocity Mode
G61 =Exact Stop Mode

G64をG61に換えることで、よりオリジナルのデータに忠実な形状が削りだされます。 切削物がポリポリすると嫌な場合はG64で補間する感じで削りだす方がいいのかもしれませんが、モケイのために削りだしている以上はポリポリしてなきゃだめです。
[PR]

by kani_er | 2012-01-18 16:31 | mini-CNC BLACK IIで模型


<< ホットボンドによるワークの固定      1/100C.I.S.突入艇進捗 >>