かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 12日

半面ワックス、半面レジン

誰が思いついて始めた事なのか詳しい事を知らないのですが、ワックスで半面型を彫ってそこにレジンを流し、もう半面を削り出す事でシリコーン反転や二面切削なしに部品を削り出すという手法があります。経験値稼ぎがてら模倣してみました。

部品のポリゴンをオーバーハング部分を覆う様なポリゴンに埋め込んだデータをブーリアン演算で作成してワックスを切削開始!出力外注と違って細かなポリゴンのエラーを気にしなくていいのは自家切削のいいところですね。

c0054494_18331776.jpg
前半の切削が終了。1mmボールエンドミルで0.05mmピッチで切削しているのでイイカンジに仕上がっております。正方形っぽい凹みの左上部分に出っ張ってるのはZ=0を上面で合わせるための基準ポイントです。前半と後半の切削でオブジェクトの最大高さ=Z0点が変わってしまうのを防ぐために直方体の柱状オブジェクトを隅っこに埋め込んでおきました。

c0054494_18315435.jpg
レジンを流します。

c0054494_18292714.jpg
切削再開… なんですが、裏面の形状が超シンプルなのとレジンの収縮のせいでしょうか、荒加工の途中でレジン塊が外れてしまいました。微量の瞬着で固定して再開。

c0054494_18285141.jpg
切削終了。

c0054494_1825166.jpg
ポコリ、と外して終了。上下面でビミョーに段差ができてしまっております。ズレという訳ではなく、ワックスを彫った下面が小さくなっています。おそらくレジンの収縮の影響と考えられますので低収縮のレジンを使えば軽減できそうです。


今回は0.05mmピッチでの切削テストも兼ねていたんですが、単純なXY方向の仕上げであってもHD3000に勝る解像感。すばらしい。凹部のエッジとアンダーカットを工夫で乗り切れば素晴らしいものが作れそうです。
[PR]

by kani_er | 2011-10-12 18:55 | mini-CNC BLACK IIで模型


<< 荒加工+荒加工      ワックス再利用 >>