かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 09日

カフスボタン、金具のパーツについて

WF2011Wにて販売させて頂いた「ver5.66オリジナル壁紙版フェイ・イェンKn改造パーツ」の補足記事です。

説明書においてカフスボタン、金具のパーツについては「ゲート形状は一定ではなく、一体になっていない場合もあります」という記述がしてありますが、その補足です。

カフスボタン、金具のパーツは生産上の都合でパーツ形状の多様性があり、下の写真に示す3つのパターンが存在します。
c0054494_22161685.jpg

1.片面流しのカフスボタン + 両面流しでボタンが抜けていないものの、金具は抜けている2
2. 両面流しで両面にモールド(片面にカフスボタン、もう一方の面に金具)
3. 片面流しで同じ面にカフスボタンと金具が同居
の3パターンがあるかと思います。

板状のパーツが一つだけ入っていて、ボタン又は金具のパーツが見当たらない場合、「2」のパターンである可能性がありますので、板状パーツの裏面を確認してみて下さい。

ちなみに、x字金具のパーツはキットとして完結させるためにセットしてありますが、使うと再現度が落ちます
c0054494_2237278.jpg

再現度を高めたい方はプラペーパーなどから小片を切り出して貼付ける、細い真鍮線を貼付ける、などする方が良いでしょう。塗装後にグレー成形のプラ小片を軽く接着するのがベストではないかと思われます。

余談ですが、カフスボタンのパーツはクリア成形にしてありますので、裏面に糊付き金属箔をつけ、クリアカラーで塗装すればワンポイントになるかもしれません。
[PR]

by kani_er | 2011-02-09 22:46 | 5.66壁紙版フェイKn改造パーツ


<< エゴイスト足首まわり      ワンダーフェスティバル2011W終了 >>