かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 01日

フェイ・イェン・「ザ」・エゴイスト

これまでお世話になっていたソクラスポットさんの後継サービスがいつ始まるのやらさっぱり!な状況なので、今回はインターカルチャーさんにしようかと考えています。

c0054494_5561469.jpg

立体出力用にこまごまこまごま。パーツを詰めていきます。出力する際にランナー?でパーツをつないで多数の部品を1つのオブジェクトにまとめたり、破損防止にプロテクターも同時出力するとか無駄なノウハウが蓄積されていきます。ソクラスポットさんでは作った本人ですら「こりゃ無茶苦茶だなあ文句言われそうだなあ」とか感じる200MB100万ポリゴン級のファイルですらあっさり出力されてきましたが、インターカルチャーさんはどうでしょうね?細物薄物は出力しない!とか注意書きに書いてありますが…

むしろ問題は精度です。これまで体験してきた積層ピッチが32µm、すなわち0.032mmで、今回想定しているインターカルチャーさんのSL7810のが0.15mmという事ですので、実に5倍近い積層縞が見られる事になるわけですね!ペーパーかけるだけじゃ消えないでしょうね。二次加工が必要になるなら立体出力の魅力が薄れますねえ。

インターカルチャーさんも32µmピッチでの出力サービスを開始している様ですが、まだ要相談な段階みたいなのでとりあえず今回はお試しがてら安価なSL7810で行く予定。粉体の方は学会で出力物を見た時に大変失望したのでさすがにスルー。
[PR]

by kani_er | 2010-09-01 06:11 | もけい


<< そんな精度不要かもですが      とりあえず作ってみた >>