かに録

kanix.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 28日

パーツチェック

WF戦利品のパーツチェック。
パートごとに別容器に仕分けながらやったらヤガランデの体積が3倍くらいに増えました。
どうすんだよコレ。

そしてパーツが一つ不足していたのだけど個人的に不要な部品なのでいいや。
光のマワりを考えると発光部は二重構造が望ましくて、かつ表出するクリアパーツはボリュームがない方がいいのです。厚みがあったり形状が複雑だったりするとレンズ効果が生じてモケイのナカミが洞察できちゃう!さらに導光部品なしで表出するクリアパーツの裏面にLEDを直結し、かつ透明度が高いとLEDを仕込んでるのがバレバレになっちゃう!見慣れた大きさの素子が光ってるのがバレちゃう!

クリアパーツの不透明度を上げるのも一つの手段ではありますが、RNAフェイで試したらあんまりいい感じじゃなかったのだ!というか他のVRから浮いちまいます。そんな感じで発光部は二重構造がいいなあ、というのが今の考え。

要は急がば回れで作り直しってことだ!


ハイエンドCGではヤガランデの発光部は赤めのオレンジですか。オレンジあたりの波長帯で手元にあるLEDは602、605、613nmでした。FPでは発光部の中央は黄色っぽく飛ばしてありますね。ハイエンドCGではかなり赤っぽい色になっていますが、シャドウとの差別化を考えるとちょっと黄色みに振った方がモケイ的にいいかもしれません。少なくともGBHとは異なる描写がなされているので。

でもマーズの動画を見てみたら赤にしか見えません!何色にするべきか作り始めるまでに考えないといけませんねえ。
[PR]

by kani_er | 2010-07-28 16:22 | もけい


<< ちくしょう      戦利品 >>